上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガトーさんからフィナンシェのレシピをもらったので、嫁さんに豊岡にある「館花」でフィネンシェのシリコン型を購入してきてもらいました。
以前からシリコン型を使用したかったのですが、高いイメージがあって、購入には至らなかったのですが、1200円くらいだったので即ゲットです。
で、早速・・

無塩バター 
卵白
グラニュー糖
アーモンドパウダー
薄力粉

分量は後ほど。

fin1fin2








卵白を240g分、卵6個ぐらいです。卵黄は使用しないので、違う料理に使うことにします。
グラニュー糖は200gにしました。すっげー量です。これは太りそうw

fin3fin4








焦がしバターを作ります。バターは200gくらい。火にかけて泡だって焦げ色になってきたら、氷水で粗熱をとります。

fin5








こんな色になりました。バターを焦がすとなぜかナッツの味がします。

fin6








卵白にグラニュー糖を入れます。泡立てないようにかき混ぜます。

fin7fin8








アーモンドパウダーと薄力粉をあわせて、先ほどの卵白に混ぜます。
それからバターを入れて混ぜていきます。
混ぜるとこんな感じになりました。

fin9fin10








型に流して190℃のオーブンで20分焼きます。

fin11








完成で~す。金の延べ棒風に積んでみましたw

※ フィナンシェとは、たっぷりのアーモンドパウダーと焦がしバター、卵白、砂糖、小麦粉を混ぜ合わせて焼き上げたフランスの焼き菓子のことです。「フィナンシェ」は「財界人」や「資本家」の意味のフランス語で、金塊に見立てた長方形の型に流し入れて焼くことが多いことから、このように呼ばれます。
遅くなりましたが、皆様あけましておめでとうございますw
ず~っと更新しないまま、年が明けてしまって、もう2月ですね。

え~ここ最近スイーツ作りに凝ってまして、ここ3週間で3種類のデザートをつくりました。まず、「ガトー・ドゥ・ラカム」っていうケーキ。これは米粉を使ったアーモンドバターケーキです。これは3回も作ったので、作り方は完璧に覚えました(^^)
次に、「抹茶ロールケーキ」を作ったんですが、生地がうまくいかず大失敗ですよ。
でも、まぁ美味しかったのは、レシピの分量がバッチリだったからかな?
で、最近作ったのは「カスタードプリン」なんですが、成功したのと失敗したのが混在したのは、オーブンの温度が奥と手前で違うせいです。ガスオーブンほしいなぁ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。