上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ranking←参加しています クリックで応援していただけると嬉しいっす

さて、京都へ来て2日目の朝です。
2日目の朝はホテルでの朝食を頼んであったので、8時ごろには朝食会場でバイキングです。モントレの朝食バイキングは他の都市のモントレと同様、和洋折衷でどれも美味しいです。会場にはいろんな国の人たちがいて、国際色豊かな感じでしたw


朝食も済み、早速観光へ行くことにしました。
特に行くところを決めて来なかったので、当日行くところを検討することに(^∀^)

とりあえず、修学旅行で行けなかった三十三間堂と銀閣寺は目的に入れて、あとはその付近の寺院や観光スポットを見ることにしました。

京都はさすが観光客が多いので、バス料金も定額だし、お得なキップも満載です。
僕たちが選んだのは、地下鉄+市バス2日間乗り放題で2,000円のチケットをチョイスしました。

で、早速清水寺方面へ行くために京都駅からバスに乗ってみました。
バスは10分おきくらいにいろんな方面へ出ているのでほとんど待たずに出発できました。
当初は一番遠いところへ行ってから徐々に観光しながら京都駅に戻ってこようと思いましたが、早く観光したい気持ちが強くなり、一番近い三十三間堂で降りちゃいました。


本堂内は撮影禁止のため写真はありませんが、中央に中尊とその左右に500体ずつ1001体の十一面千手観音像があります。
これだけで圧倒されますが、そのほかに国宝ものの像が並びます

国宝 中尊 千手観音坐像
重文 千体千手観音立像
国宝 風神・雷神像
国宝 二十八部衆
国宝 四天王像
などがあります。






また、通し矢としても有名ですね。一回くらいここで弓をやってみたいです( ´∀`)



三十三間堂の桜です。きれいですね~


三十三間堂を満喫したあとは、有名な清水寺へいきました。
清水寺に近いバス停で降りて、すぐかな~?って思ったら、これまたかなりの距離を歩かなければなりません。しかもず~っと上りですよ。゜(´Д`)゜
さすがに普段運動していないだけあってこの上りはキッツイです

しばらくあるいて、やっと到着。でも苦労したかいがあって、清水の舞台ときれな桜を満喫できました。








清水寺の桜です。こちらも見事です。

ちょうどここでお昼だったので、清水道を下りつつ、ランチにすることにしました。




体調もちょっと優れなかったので、近くにあったお蕎麦屋さんであっさりと。




にしんそばをチョイスしました~。やっぱりこっちの出汁は美味しいなぁ~

お蕎麦に舌鼓している間にになやら空模様が・・
雨が降る前に廻るだけ廻っちゃおうと思って、さっきのバス停からバスにのって、
知恩院へ。





知恩院は北の城郭さんがオススメしてくれていたスポットです。城&寺院スペシャリストの彼がお勧めしてくれるスポットなので行って見ました。
行くまでどんなところかわからなかったのですが、行ってよかったです。
何よりその壮大さが圧巻です。今回の旅で一番印象的な場所です。浄土宗の総本山なんですね~



こちらは知恩院の桜です。桜もいろいろありますね~

大満足の知恩院の後は、銀閣寺へ足を運んで見ました。
さっきまで天気が悪くなりそうでしたが、ここらへんで回復してきて、温かくなってきたので、近くのお店でアイスキャンデーを購入して食べながら銀閣寺を目指します。

あ、その前に、近くに有名な「一澤新三郎帆布」があるので行って見ました。
すっごい賑わいでしたが、ここで衝動買いでバッグを購入。ガイド本も入れることができるサイズで早速使用して、銀閣寺へ。




銀閣寺へ向かう道「哲学の道」です。
哲学者の西田幾多郎が好んで散策し、思索にふけったことなどから「哲学の道」・「哲学の小径」と呼ばれるようになりました







素晴らしい散歩道です。ちょうど桜がひらひらと落ちてきて、気持ちが良かったです*・゜゚・*:.。..。.:*・゜

この時点でもう満足すぎるのですが、目的の銀閣寺もちゃ~んと見ましたよ~





さぁ、2日目の観光はこんなところで終了です。この後、バスに乗ってホテル付近をまた散策です。そんなことをやっているうちに夜になってしまったので、今度は寄るご飯をどこで食べようかと迷った挙句、せっかく京都にきたのだから、湯葉が食べたいってことになり、『ゆばんざい こ豆や』というところに行きました。
こちら『上田湯葉店』の直営の創作湯葉料理店です。



くみあげ湯葉にオリーブオイルがかかってます



汲み上げ湯葉のてんぷら



湯葉と生麩の田楽



汲み上げ湯葉の丼
と全体的に全体的にかなりヘルシーなディナーになりました。

これで2日目は終了です
スポンサーサイト
コメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。